まほろば-Web・ロゴをつくる人-
WEB 2018/02/02
安全でないスクリプト

本当にhttps化できてる?×マークが出ていたら確認すること

まほろば@mahoroba148です。

もしあなたが管理しているサイトでこんな画像が出てたら、対応が必要です。

安全でないスクリプト

アドレスバーの隣に出てきたマークをクリックすると出てきます。

安全でないコンテンツがブロックされました

このページは認証されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。

なんだか自分のサイトが悪質なサイトに思われかねないこの表示。

ユーザーに不安を与えかねないので、さっさと直しちゃいましょう。

【原因】https化しているサイトでhttpが混ざってる

https化とは、ざっくりいうとセキュリティ強化のために通信を暗号化します。

SSL化、SSL暗号化通信、SSL証明書とどこからしたで聞いたことがある言葉は、全部このhttps化に関わることです。

通常はお金がかかるのですが、最近だと無料で提供しているレンタルサーバーも多いようですね。

私が利用しているレンタルサーバー「ロリポップ」も無料でhttps化できるため、当サイトも暗号化されています。

参考サイト:ロリポップ「独自SSLについて」

無料ならやってみよう!とやったものの、完全にhttps化しないと今回のようなセキュリティマークが出てきてしまいます。

つまりはhttp://~が一つでもあると安全でないコンテンツと言われてしまうのです。

【解決方法】http→httpsもしくはURLを削除

http://~が一つでもあると…ということはhttpをなくせば解決します。

Google Chromeのデベロッパーツールを利用すると、どこでエラーが出てるかわかりやすいのでオススメです。

※Google ChromeのデベロッパーツールはF12キーを押すと出てきます

私の場合はスタイルシートで読み込んでいるGoogle Fontsのアドレスをhttpにしていたせいでした。

デベロッパーツールのエラーを見てみます。

httpsエラー

Mixed Content: The page at ‘https://mahoroba148.com/’ was loaded over HTTPS

このホームページ、httpsとhttpが混ざってるよ!

but requested an insecure stylesheet ‘http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css’. This request has been blocked; the content must be served over HTTPS.

スタイルシートでインポートしてるアドレスがhttpsじゃないよ!

だいたいこんなことを教えてくれています。

正直なことをいうと、直したからこそわかったことですが(笑)これを覚えておけばもう安心!

ちなみに、ためしに自分のサイト内のリンクをhttpにしてみましたが、エラーは出ませんでした。

過去の記事内でもhttpのサイトのリンクをしているところもあるのですが、エラーは出ていません。

Webフォントの適応などで外部からスタイルシートを読み込む場合に起きるのかもしれないですね。

【まとめ】とんでもないエラーではない

安全でないスクリプト

このような表示が出てしまったとはいえ、そんなに焦ることもないです。

直し方もhttpをhttpsにするか、いっそ削除してしまうかの2択。

難しいコードを書くこともありません。

しかし、もしかしたらホームページが改ざんされて、どこか知らない外部サイトとつながっていた!ともなりかねないので、しっかり対応していきましょう。

気軽な相談OK!LINEで問い合わせできます。

【チャットトーク対応可能時間】
9:00~23:59

※予告なく変更される場合がございます
※お急ぎの場合は問い合わせフォームよりご連絡ください
※不定期でLINE公式アカウントの使い方やホームページの作り方など情報配信をしています(詳しくはこちら)