まほろば-Web・ロゴをつくる人-
LINE@ 2018/11/05
LINE@アップデートまとめ

【2019年春】LINE@(LINEアット)のアップデートのポイントまとめ

[この記事は2019年3月21日に追記しました]

まほろば@mahoroba148です。

LINE@(LINEアット)の大幅アップデートの予告がありましたね!

2019年春頃、LINE@サービスが統合により機能と料金プランの変更があるようです。

お知らせの第一印象は

  • これからはじめる人、友だちの人数が少ない人はラッキー
  • すでに友だちがたくさんいる人はアップデートで損をする

という感じです。

当記事では

  • LINE@の大幅アップデートで具体的になにがかわるのか
  • 新サービスのメリットデメリットは?
  • 従量課金制だと料金はどうなるの?
  • 今はじめるか、アップデートを待つのか

というポイントに着目して、紐解いていきます。

LINE@は個人の味方だと信じて・・・!

参考:LINE@公式ブログ「LINE@サービス統合のお知らせ」http://blog-at.line.me/archives/52626249.html

LINE@のアップデートで何がかわるの?

2018年11月1日にLINE@公式ブログで発表されました。

すでにLINE@を運用している方はLINE@MANAGER(LINE@マネージャー)のお知らせからも確認することができます。

以下一部抜粋です。

今回のご案内では、サービス統合による主な変更点をお知らせいたします。
主な変更点は以下の通りです。

・現在のプロプラン/プロ(API)プラン相当のプラン料金を値下げ
・プレミアムIDの初年度料金を値下げ
・タイムライン投稿を全てのプランで無制限で利用可能に
・これまで有料プランでの利用に限られていた機能を全てのプランで利用可能に
・メッセージ配信を配信通数に応じた従量課金制に

<引用>LINE@MANAGER お知らせ「【重要】LINE@サービス統合のお知らせ」2018/11/01

「値下げ」「無制限」という言葉が目に付きますね。

アップデート後(以下、新サービスと呼びます)は料金プランがかわります。

▼現在の料金プラン(税別)※LINE@ホームページでは税込表記です

プラン フリープラン ベーシックプラン プロプラン
月額利用料 0円 5,000円 20,000円
メッセージ配信(無料分) ターゲットリーチ数×吹き出し数1,000通まで ターゲットリーチ数5,000人以内は無制限 ターゲットリーチ数100,000人以内は無制限
タイムライン投稿 4回/月 無制限 無制限

▼新サービス料金プラン(税別)

プラン フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額利用料 0円 5,000円 15,000円
メッセージ配信(無料分) 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 追加購入不可 5円/1通 ~3円/1通

有料プランでしか使えなかった機能が開放され、無料でもさらに自由に使えるようになります。

新機能追加の文言もありました。

既存機能を開放した分、新機能が有料でしか使えないなど対策をとってくるのではと予想してます。

2018年11月13日にはPRページが廃止に!?

新サービス提供前に施行されるアップデートもあります。

【一部機能の廃止・休止について】
現在提供している機能の一部を下記の通り廃止・休止させていただきます。
・2018年11月13日(火)にPRページ、アカウントページメニュー、ノベルティ発注、ポスター作成を廃止します。
・アカウントを新サービスへ移行されるとリサーチページがご利用いただけなくなります。

<引用>LINE@MANAGER お知らせ「【重要】LINE@サービス統合のお知らせ」2018/11/01

2018年10月11日に予告はありましたが、これが正式発表になります。

PRページはLINE@内で特集ページのように表示ができる機能です。

画像を最大6件まで登録できるので、メニューやポートフォリオのように使えました。

私もLINE@の記事まとめとして、アイキャッチを掲載していたのですが・・・なくなっちゃうんですね。

代替案としてはアカウントページの「写真」や「メニュー/アイテム」あたりでしょうか。

PRページは複数作成して、カテゴリーごとに分けて使うこともできたので残念です。

アカウントページは廃止されない

アカウントページメニューって聞いてアカウントページも廃止されるのか!?と勘違いした私です。

アカウントページは廃止されないのでみなさんも気をつけてください(笑)

アカウントページメニューはトーク画面に表示されるメニューのこと。

今までは表示切替ができたのですが、その機能自体がなくなるようです。

アカウントページへの誘導が減るので、メッセージ等で案内していかないとアカウントページも腐りそうですね。

リサーチページは一時的な休止に

リサーチページはLINE@内で行えるアンケート機能のことです。

新サービス移行に伴い一時的な休止をするそうです。

なお、リサーチページについては、一時的な休止であり2019年中に機能提供を再開させていただく予定です。
上記以外にも、廃止・休止予定の機能がございますが、詳細は改めてご案内いたします。

<引用>LINE@公式ブログ 「【重要】LINE@サービス統合のお知らせ」http://blog-at.line.me/archives/52626249.html

すでに友だち追加時にリサーチページを利用されている方は対策しておきましょう。

新サービスへの移行は猶予が設けられますが、いつなくなっても良いように対策が必要です。

代替案としてはGoogleフォームやWebページに飛ばして答えてもらう方法でしょう。

リサーチページはすぐに再開してもらわないと、LINE@の魅力が落ちますね。

新サービスのメリットデメリットは?

ここまでプランの変更やら機能の廃止やら言ってきました。

もっと簡潔に頼むよ!という方のためにメリットデメリットを箇条書きしてみましょう。

メリット

  • リッチコンテンツ、セグメント配信など有料プランの機能がどのプランでも利用可能
  • タイムライン投稿無制限
  • 上位プラン、プレミアムIDの値下げ

デメリット

  • メッセージの従量課金制
  • PRページの廃止
  • リサーチページの一時休止(再開は2019年内予定)

これからはじめる方にとってはメリットしかないように見えますね。

従量課金制ってなんだ!?実際の料金を計算してみる

従量課金制を簡単にいうと、使った分だけお金がかかるよってことです。

携帯電話の通話料やパケット使用料と同じですね(カケホーダイ、定額を除く)

LINE@新サービスでは従量課金制が採用されました。

詳しくはこんな感じ↓

▼新サービス料金プラン(税別)

プラン フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額利用料 0円 5,000円 15,000円
メッセージ配信(無料分) 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 追加購入不可 5円/1通 ~3円/1通

無料であるフリープランは課金ができません。

一方、有料となるライトプランからはメッセージ配信の上限を超えると追加料金がかかります。

つまりはメッセージを配信したい友だちが増えれば増えるほどメッセージ配信にお金がかかるようになります。

▼例:ライトプランで20,000通を配信したい!

ライトプラン無料配信分15,000通 + 追加メッセージ5,000通

= 5,000円 + (5,000通×5円)

= 5,000円 + 25,000円

= 30,000円

スタンダードプランは追加メッセージの配信数によって1通あたりの単価が変わります。

▼スタンダードプラン追加メッセージ単価表(一部抜粋)

追加メッセージ配信数 単価(税別)
~50,000 3.00円
50,001~100,000 2.80円
100,001~200,000 2.60円
200,001~300,000 2.40円

※詳しくはLINE@公式ブログ 「【重要】LINE@サービス統合のお知らせ」http://blog-at.line.me/archives/52626249.html

▼例:スタンダードプラン50,000通を配信したい!

スタンダードプラン無料配信分45,000通 + 追加メッセージ5,000通

= 15,000円 + (5,000通×3円)

= 15,000円 + 15,000円

= 30,000円

▼例:スタンダードプラン145,000通を配信したい!

スタンダードプラン無料配信分45,000通 + 追加メッセージ100,000通

= 15,000円 + (50,000通×3円) +(50,000通×2.8円)

= 15,000円 + 150,000円 + 140,000円

= 305,000円

ライトプランとスタンダードプランの見極め

1ヶ月の間にメッセージ配信を17,000通以上行うようであればスタンダードプランに上げた方が良いと言えるでしょう。

▼例:ライトプランで17,000通を配信したい!

ライトプラン無料配信分15,000通 + 追加メッセージ2,000通

= 5,000円 + (2,000通×5円)

= 5,000円 + 10,000円

= 15,000円

▼例:スタンダードプラン17,000通を配信したい!

スタンダードプラン無料配信分45,000通

= 15,000円

1回の配信数ではなく、1ヶ月の配信数というところも気をつけましょう。

従量課金制でもDMに比べたらめちゃくちゃ安い

そろそろ新年の挨拶の時期ですね。一般的に年賀はがきは1枚あたり62円です。

LINE@であれば高くてメッセージ1通5円です。

62円が5円で済むならめちゃくちゃ安いですよね。

ただし、新年はメッセージ配信を自重しなければならない時間もありますし、DMはDMでLINE@とは別の良さがあります。

セグメント配信を効果的に使えるのでは?

新サービスではプランによる友だちの制限がなくなります。

また、プロプランでしか使えなかったセグメント配信がどのプランでも利用可能になります。

セグメント配信とは・・・性別や地域など条件で絞り込んだ特定の友だちだけにメッセージを配信することです。

仮に無料配信数を超える友だちがいたとしても、セグメント配信を行えば効果的にメッセージを配信できます。

場合によってはセグメントで絞り込んだら無料配信数内でできた、ということもあるかもしれません。

どちらにせよ、目的、ターゲットを明確にして運用していく必要があります。

【自論】今はじめるべきか、アップデートを待つべきか

私は今はじめることをオススメします。

LINE@は既存の顧客をリピーターにするためのツールです。

正直、使える機能が増えても友だちがいないと意味がありません。

アップデートを待つよりか、今はじめて少しでも友だちを増やす努力をした方が良いでしょう。

フリープランから始めたら良い

どのプランから始めればいいですか?と尋ねられたら私は「フリープラン」と答えます。

特に友だちが増えるか不安な方、やり方がわからなくて不安な方はフリープランから始めましょう。

フリープランでもメッセージ配信や個別トークなど基本的な機能が利用できます。

お客様に直接メッセージを配信できるだけでも効果的です。

操作方法に不安がある方は公式ブログも参考になりますのでぜひ。

【LINE@運用】役に立つのは一周まわって公式ブログ

【まとめ】LINE@はアップデート後も個人事業主の強い味方だ

今回の大幅アップデートで機能の開放と全体的な値下げがあります。

第一印象通り、これから始める方や友だちの人数が少ない人は幅が広がりそうです。

一方で、すでに友だちがたくさんいる方は従量課金制が運用コストに響きそうです。

それでも、大企業が行う公式アカウントよりも低価格で、LINEを使ってメッセージを配信できるのは大きいと感じました。

2019年春のアップデートも楽しみですね。

【2019年2月13日追記】アップデート日が決まりました!

公式ブログでの発表がありました。

LINE@の大幅アップデート(LINE@のサービス統合)は2019年4月18日に決定しました。

移行に関する詳細情報は資料でまとめられているようです。

近日中に解説いたします。

【2019年3月21日更新】詳細資料の解説をまとめました

アップデートで気を付けることは?さらに追加されたアップデートのポイントとは?

そんな点に着目しながら解説していきます。

LINE@(LINEアット)アップデート資料を読み解く

まほろばではLINE@導入~運用サポート/LINE@講師を承っております。

LINE@でなにができか知りたい!
登録はしたけど配信する時間がない・・・

そんな方はぜひご相談ください!

LINE@導入・運用代行はもちろん、LINE@お悩み相談も承ります。

サービス詳細はこちら↓

LINE@運営支援/講師

気軽な相談OK!LINEで問い合わせできます。

【1:1トーク対応可能時間】
9:00~23:59

※予告なく変更される場合がございます
※お急ぎの場合は問い合わせフォームよりご連絡ください
※不定期でLINE@の使い方やホームページの作り方など情報配信をしています(詳しくはこちら)